MENU

乳酸菌の効果のビフィズス菌との違いについて

便秘や免疫力低下による肌荒れなど誰にでもありがちな悩みを解消する食品としてよく広く知られているのが乳酸菌です。

 

乳酸菌とは砂糖や果糖などの糖類を分解してくれ乳酸を作り出す働きをする細菌の総称です。

 

大抵の家庭の冷蔵庫にあるヨーグルトやチーズなどがこれにあたります。

 

乳酸菌を摂ることで腸内環境を整えてくれるため便秘の解消に役立つ効果があると言われており乳酸菌が配合された食品を摂ることが一般的に推奨されています。

 

便秘とはそもそも大腸の働きが悪くなり便が腸の中に滞留することで発生します。

 

滞留することで水分が過度に吸収されるため固くなり排出が困難になってしまい便秘に陥ります。

 

対策として乳酸菌を摂取すると大腸内で糖分を素に大量の乳酸を作りだすのです。

 

この乳酸が腸壁を刺激して腸内の運動を活発にし排便をスムーズに促し便秘が解消されるのです。

 

乳酸菌はビフィズス菌などと共に善玉で体によい作用を持つ菌として知られています。腸内を酸性にするため悪玉菌の繁殖を抑止し外部から侵入する敵を撃退してくれるのです。

 

この効果により免疫力がアップしウィルスによる感染や大腸ガンの発生などを予防する事が出来るのです。

 

乳酸菌以外には善玉菌として広く知られているのがビフィズス菌です。

 

人の腸内に最も多く生息している有用な菌であり体内にはほとんどいない乳酸菌とは性質が異なります。

 

体内に住む善玉菌の99.9%を占めるビフィズス菌は乳酸菌よりも人の腸内環境に適しています。

 

乳酸菌とは違い乳酸以外にも酢酸を作り出し善玉菌として働くことが可能です。

 

酢酸は乳酸よりも殺菌する力が高く悪玉菌の増殖をより抑制できるのです。

 

腸内フローラの改善や便の匂いの軽減といった効果があるためビフィズス菌を積極的に摂取することが良いとされているのです。

 

更新履歴